/

この記事は会員限定です

若者が振り向く政治改革 被選挙権年齢の引き下げを

風見鶏

[有料会員限定]

選挙権年齢を18歳以上に下げて5年がたった。2016年7月の参院選を手始めに、今秋までにある衆院選は4回目の大型国政選挙となる。70年ぶりの有権者の範囲拡大で期待した若者の政治参加はどれほど前進したのだろうか。

「18歳選挙権の実現以降なかなか制度的な改善が進んでいない」。若者団体で構成する「『若者の政治参加推進基本法』を求める若者の会」は1日、国会内で開いた集会で与野党議員らに呼びかけた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン