/

リニア「地域の不安払拭を」、国交相がJR東海に指導

リニア中央新幹線の静岡県内のトンネル掘削工事について斉藤鉄夫国土交通相は21日、「地域の不安や懸念が払拭されるよう真摯な対応を継続すべきだ」とJR東海の金子慎社長を口頭で指導した。

同省の有識者会議が工事による水資源の影響に関する中間報告をまとめたことを受け、リスク管理の徹底なども求めた。

JR東海が計画する静岡県内の工事をめぐっては、県が大井川の水量減少などを懸念して工事をいまだ認めていない。県とJR東海の協議は膠着状態が続いている。

斉藤氏は同省で金子社長と面会し「(リニアは)公共性の高い極めて重要なプロジェクトだ。進めるにあたり地域の理解と協力が何にもまして不可欠」と強く訴えた。金子社長は「地域の理解と協力を得られるよう真摯に努力する」と約束した。

19日にまとめた中間報告では大井川の中下流域の水量変化について、工事で発生する水をすべて川に戻すことで「河川流量は維持される」と結論づけた。地下水の変動についても工事による影響は極めて小さいと明記した。

県は今後、独自に設けた専門家会議で内容を検証する。JR東海とも協議を再開する方針だ。ただ地元住民の理解が得られるまでは工事を認めない姿勢に変わりはなく、JR東海がめざす2027年開業は延期される可能性が高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン