/

この記事は会員限定です

ソフトウエアの「穴」、供給網全体で情報共有

経産省が新たなサイバー攻撃対策

[有料会員限定]

経済産業省は、企業のサプライチェーン(供給・調達網)全体を見渡した新たなサイバー攻撃対策に乗り出す。いわゆる「つながる車」やあらゆるモノがインターネットにつながるIoT製品に使うソフトウエアについて、弱点の有無が一目で分かる仕組みを整える。一連の情報は供給・調達網の中の企業で共有し、問題が起きた際の早期復旧につなげる。対策で先を行く米国との協力も見据える。

24日にも決定する2022年度予算案に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン