/

この記事は会員限定です

米英2社製、厚労相が承認 アストラ製は当面接種見送り

(更新) [有料会員限定]

田村憲久厚生労働相は21日、米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの製造販売を正式に承認した。アストラゼネカ製では接種後に血栓ができる事例が確認されており、厚労省は当面は公的な接種での使用を見送ると決めた。接種を推奨する対象者などを引き続き検討する必要があると判断した。

いずれのワクチンも18歳以上が対象で接種回数は2回となる。2回目の接種は、モデルナ製は4週間の間隔を空け、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン