/

首相「勇気と希望を与えた」 五輪・パラ選手団と面会

菅義偉首相は21日、首相官邸で東京五輪・パラリンピックの日本代表選手団と面会し、感謝状を授与した。新型コロナウイルス禍を踏まえ「多くの会場が無観客になったが、日本や世界中に勇気と希望、感動を与えた」と述べた。

首相は日本選手団のメダル獲得数に触れ「諦めることなく努力を積み重ねてこられた結果だ」と語った。授与式には東京五輪のレスリング女子50㌔級で金メダルを獲得した須崎優衣選手らが出席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン