/

この記事は会員限定です

外為法審査、全国に網 財務省出先機関にも人員配置

[有料会員限定]

財務省は2022年度に海外からの投資の審査体制を強化する。本省の担当者の定員を8人から14人に増やし、地方の出先機関である財務局に18人の枠を新設する。人工知能(AI)や原子力など重要技術が流出しないよう全国できめ細かく監視できるようにする。

地方には外為法の投資審査の人員がいなかった。地域の企業とのパイプがある全国9カ所の財務局などに担当者を置き、海外企業の出資の実態を調べたり、企業の相談に乗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン