/

この記事は会員限定です

「空自基地の防空強化を」 自民・佐藤正久外交部会長

中国で空自機形「標的」

[有料会員限定]
中国が航空自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)と同形状の構造物を新疆ウイグル自治区に置いていることが日本経済新聞の調査でわかった。陸上自衛隊出身の自民党の佐藤正久外交部会長に聞いた。

AWACSは空自が静岡県の浜松基地に置く。戦闘機に指示する管制機能を持つ。台湾有事の際にAWACSがなければ日本は南西諸島で航空の指揮命令機能が弱まる。

監視能力が高く飛行中の撃墜は難しい。中国は地上で待機時に爆撃し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン