/

余ったワクチン「接種券ない人にも打てる」 河野氏

河野太郎規制改革相は21日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種について、余ったワクチンは接種券がない人にも打てると述べた。「接種券のあるなしにかかわらず、記録だけ取ればいいだけの話だ」と話し、ワクチンを廃棄しないよう自治体に柔軟な対応を求めた。

高齢者向け接種で使う米ファイザー製のワクチンは1瓶6回分で、希釈後6時間以内に打つ。急なキャンセルが発生するなどして余り、廃棄する例が相次ぐ。

河野氏は「いくつかの自治体、保健所が接種券がない人には打てないとの誤った指導をしている」と指摘した。「貴重なワクチンが廃棄されるのは極めて許しがたい状況だ」と強調した。

余剰分は医療従事者や接種券を持つ人へ優先して打ち、それでも余る場合には接種券のない人にも接種可能と説明。「自治体の裁量で有効活用してほしい」と求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン