/

ワクチン相、モデルナ製を接種意向 自身の3回目で

堀内詔子ワクチン相は21日の記者会見で、自身の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について「米モデルナ製を打つことになると思っている」と明かした。「4月までの供給状況を踏まえるとモデルナ製の方が多い」と説明した。

岸田文雄首相も自らはモデルナ製を接種する検討に入った。首相は2回目までは米ファイザー製で、堀内氏はモデルナ製だったという。

政府は3回目接種に関し2回目までと異なるメーカーのワクチンを打つ交互接種を認めている。2回目までファイザー製を接種した人は多い。交互接種への理解が3回目のスピードを左右する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン