/

この記事は会員限定です

新資本主義・コロナに集中 代表質問、識者の見方は

[有料会員限定]

与野党は21日、岸田文雄首相の施政方針演説に対する代表質問を終えた。質疑時間を集計すると経済政策が最も多く32%を占めた。首相が掲げる「新しい資本主義」が成長や所得の分配にどうつながるのかといった質問が目立った。

外交・安全保障の割合は20%と2番目に多くなった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の在日米軍基地での感染に関連する質疑が多かった。「敵基地攻撃能力」や沖縄県の米軍基地の移設も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン