/

文化庁、23年3月に京都で業務開始 岸田首相が表明

岸田文雄首相は21日午前、来年3月27日から文化庁が京都で業務を開始すると明らかにした。「新たな文化行政を進める大きな契機になる」と述べた。京都市内で同庁の移転先を視察後、記者団に語った。

「東京に残っているスタッフと連携しつつ、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める」とも語った。文化庁の移転は安倍政権が掲げた地方創生の目玉のひとつ。中央省庁の東京一極集中を是正する狙いがある。2022年度中に業務を始めると閣議決定していた。

首相は21日、新たな文化芸術推進基本計画をつくるとも表明した。国の文化審議会を京都で開き、企画・立案を進めるよう文化庁の都倉俊一長官に要請した。これに先立ち、京都を拠点に活動する文化芸術の関係者らと意見を交わした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン