/

この記事は会員限定です

若い世代は症状だけで診断も 専門家有志が提言案

(更新) [有料会員限定]

厚生労働省の新型コロナウイルスの感染状況を分析する専門家組織「アドバイザリーボード」は20日、感染者が今後さらに増加する場合は、重症化リスクの低い若い世代は検査せずに症状だけで診断することを検討すべきだとの提言案を議論した。現在主流の「オミクロン型」は軽症や無症状の患者が多い。検査や医療を高齢者などに優先配分するよう求める。

近く専門家有志による提言としてまとめる。政府分科会の尾身茂会長らが名を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン