/

この記事は会員限定です

脱炭素、自治体への財政支援を努力義務に 温対法改正案

[有料会員限定]

環境省は今国会に提出する地球温暖化対策推進法改正案で、脱炭素化に取り組む自治体を国が財政面で支援することを努力義務とする規定を設ける。温暖化ガスの排出を2050年に実質ゼロにする政府目標の達成に向けて、国の長期的な支援を担保して自治体の取り組みを後押しする。

国が自治体に対して財政上の措置を講ずるよう努めることを法案に明記する。自治体が安心して脱炭素化に向けた取り組みを実施しやすい環境を整える狙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン