/

この記事は会員限定です

首相、G7首脳の広島訪問想定 バイデン氏と接点探る

核軍縮、対中国が難題

[有料会員限定]

日米両政府は21日発表した共同声明で政治指導者による被爆地への訪問を要請した。岸田文雄首相は米英仏の核保有国を含む主要7カ国(G7)首脳による広島訪問を念頭に置く。核軍縮・不拡散の取り組みを再び高め、バイデン米大統領との信頼を深める。

首相は21日、バイデン氏とのオンライン協議に先立つ参院本会議で「バイデン氏と核兵器のない世界に向け共に取り組んでいくことを確認したい」と強調した。

21日の日米共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン