/

この記事は会員限定です

ワクチン証明、5カ国対応 韓国も一部要件緩和

入国時の待機免除

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は21日、日本政府として発行する予定の新型コロナウイルスワクチンの接種証明書について、海外の5カ国に入国する際に利用できるようになると発表した。イタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリア、ポーランドが対象になる。

5カ国のほか、韓国でも入国時に隔離されないようにする手続きが簡素になる。隔離免除の申請に必要な書類の一つとして認められた。エストニアも日本の証明書を認証すると決めた。同国では現在はワ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン