/

首相、オミクロン濃厚接触者「14日間の施設待機を」

水際対策「当面延長」 アベノマスク、年度内に廃棄

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は21日夜、臨時国会の閉会を受けて記者会見した。新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」感染者の濃厚接触者に「自宅待機でなく14日間の宿泊施設での待機を要請する」と強調した。

濃厚接触者のなかには政府の要請にこたえず自宅待機を選ぶ人も多いとされる。首相は全ての新規感染者にオミクロン型かどうかを調べるゲノム解析を実施し「早期探知を徹底し感染封じ込め対策を強化する」とも述べた。

全世界からの外国人の新規入国を原則止めている現在の水際対策に関し「年末年始の状況を見極めつつ当面の間延長する」と表明した。年末までを期限としていた。「慎重な上にも慎重を期し先手先手で対策を打っていく」と語った。

新型コロナの飲み薬は米メルク製に加え、米ファイザー製200万回分を「来年の早い時期」に医療現場に届ける方針を明らかにした。

3回目のワクチン接種は医療従事者や高齢者ら3100万人程度を対象に2回目から原則8カ月以上だった接種間隔を最大で2カ月前倒しする。

12歳未満や健康上の理由などで接種できない人を対象に「年内から予約不要の無料検査を全都道府県で開始する」と改めて訴えた。

安倍政権が新型コロナ対策で配った布マスクの在庫については希望者に配布したうえで「年度内をめどに廃棄する」と明言した。「マスク不足に対する心配は完全に払拭され所期の目的は達成された」と説明した。

2022年2月からの北京冬季五輪・パラリンピックへの閣僚派遣を見送る「外交ボイコット」を巡り「今しばらくしっかりと諸般の事情を総合的に勘案して考えたい」と話した。

21日に閉会した臨時国会では一般会計の追加歳出の総額を過去最大の35兆9895億円とした21年度補正予算が成立した。首相は18歳以下への10万円相当給付など補正予算に盛った経済対策の執行を急ぐ。

政府・与党は22年の通常国会を1月17日に召集する方針だ。150日間の会期の延長がなければ22年夏の参院選は7月10日投開票の見込みとなる。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン