/

首相、国産ワクチンの開発強化 「世界トップの拠点を」

(更新)

岸田文雄首相は21日の参院本会議で新型コロナウイルスの国産ワクチンの開発支援を強化する考えを示した。「産学官の実用化研究を集中的に支援し、世界トップレベルの研究開発拠点の形成などに取り組みワクチン開発生産体制の強化を進める」と語った。

公明党の山口那津男代表への答弁。国産治療薬についても「研究開発などを積極的に支援する」と述べた。「国民の安全安心を確保できるよう治療薬の確保に最大限取り組む」と強調した。

施政方針演説で創設を表明した「国際賢人会議」に関し「核兵器のない世界の実現に向けた具体的な道筋について自由闊達な議論が行われるようにしたい」と言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン