/

二階氏、安倍前首相けん制 新潟での公認争いで

自民党の二階俊博幹事長は20日の記者会見で、次期衆院選新潟2区を巡り、二階派現職の鷲尾英一郎氏と公認を争う細田派の細田健一氏(比例北陸信越)を支援する安倍晋三前首相をけん制した。安倍氏が10日の新潟県内での講演で、公認は「細田氏に決まっている」と発言したことに関し、二階氏は「地元に行って話す場合、ややオーバーに話すのが通常だ」と語った。

党新潟県連による細田氏の公認要請については「地元の意向は十分受け止めながら、検討する」と述べるにとどめた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン