/

この記事は会員限定です

公開データ活用に指針、国交省 空き家対策など強化

[有料会員限定]

国土交通省は自治体に不動産などのオープンデータの活用を促す指針をまとめた。官民が公開する多様なデータを組み合わせて空き家の発生リスクを予想するといった具体策を盛り込んだ。効果的な分析手法を示し、観光や医療・福祉分野などの政策立案に生かしてもらう。

官民が保有する大量のデータを組み合わせ、地図などに反映させて「見える化」し、精度の高い分析をして様々な事業に生かす。自治体では専門の人材が不足し、データ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン