/

泉氏、細田議長に説明要求 不信任案提出否定せず

立憲民主党の泉健太代表は20日の記者会見で、週刊文春に女性記者へのセクハラ発言を報じられた細田博之衆院議長について「事実であれば資質に疑念がある。細田氏が自ら説明すべきだ」と求めた。衆院議長不信任決議案を提出する可能性の有無を問われ「あらゆることが考えられる」として、否定しなかった。

国会議員の定数増を主張した細田氏の発言に関しても「国民感覚からずれている」と批判した。

これに関連し、衆院の山口俊一議院運営委員長は20日の議運委理事会で、細田氏が文春報道について「大変迷惑をかけて申し訳ない。ただ全く事実と違う。週刊誌には厳重に抗議したい」と述べたと説明した。細田氏は何らかの形で自ら説明する意向も示しているという。山口氏が終了後、記者団に明らかにした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン