/

モデルナ製5000万回分追加 22年初め、3回目接種用も

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
モデルナ製ワクチンの瓶

厚生労働省は20日、早ければ2022年初めにも米モデルナと武田薬品工業から新型コロナウイルスワクチン5000万回分の追加供給を受ける契約を結んだと発表した。モデルナは3回目の追加接種(ブースター接種)用や変異ウイルスに対応したワクチンを開発中で、承認されればこのワクチンの供給を受けることも可能になるという。

田村憲久厚生労働相は「今般接種している方々を含めて接種していただく。ブースターを念頭に置きながらだ」と記者団に語った。「新たに変異株の対応のワクチンができた場合には、この枠の中で確保する」と強調した。

武田は20日、「モデルナによる開発が成功し製造販売の承認が得られた場合、変異型に対応するワクチンや追加接種に用いるワクチンを日本国内へ供給する可能性も含まれる」と発表した。

モデルナ製は日本では武田が治験や申請、流通を担う。5月に承認され、国の大規模接種会場や企業の職場接種向けに供給されている。9月末までに計5000万回分の供給を予定する。追加契約で日本への供給量は計1億回分となる。

米ファイザー製も9月までに1億7000万回分の供給を受け、全対象者の2回接種分を確保する計画だ。

イスラエルや英国など一部の国では新型コロナのワクチン接種を終えた人の免疫をさらに強化するため、3回目を打つブースター接種を検討する動きが出ている。ファイザーやモデルナなどのワクチンは本来2回接種で免疫を得られる。

ただ感染力の強いインド型(デルタ型)などの変異ウイルスに対する予防効果が限られるとの懸念がある。ブースター接種で免疫を確実にし、経済活動などの再開を進める狙いもある。

菅義偉首相は5月の記者会見で、22年分のワクチン確保については「米モデルナや米ノババックスと合計2億回分の供給を受けることを前提に協議を進めている」と語っていた。田村氏は7月20日、ノババックス社との交渉に関して「これからだ。いろんな議論はさせていただいている」と述べた。

モデルナ製を巡っては、厚労省は接種対象年齢を現在の18歳以上から12歳以上に引き下げる方針を決めている。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン