/

この記事は会員限定です

五輪アプリ、情報管理「不適切」 調査報告書

[有料会員限定]

政府は20日、東京五輪・パラリンピックで導入した入国管理アプリの発注経緯を巡り、外部有識者による調査報告書を公表した。アプリ開発の入札過程で、業者が出した見積書を他社に見せる「不適切な行為」があったとしたが、違法性までは認めなかった。

報告書によると、昨年12月から始まった入札プロセスのなかで、担当の内閣官房職員らは企業が提出した参考見積書を別の競合他社に渡していた。

守秘義務を負わない民間企業に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン