/

この記事は会員限定です

盛り上がり欠く衆院選 竹中治堅・政策研究大学院大教授

政策課題を聞く

[有料会員限定]

――衆院選の投開票日が迫っています。

「衆院選は盛り上がっていない。岸田文雄政権が野党との対立軸ではなく、菅義偉政権との違いを訴えることを優先しているからだ。前政権との決別が選挙の裏のテーマだ」

「首相がいう『新自由主義の転換』は改革を重視した菅氏を意識したものだ。『危機管理は最悪を想定する』というのも、ワクチン一本で新型コロナウイルス対策をした前政権を念頭に置いた発言だ」

――野党の政策や主張を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン