/

この記事は会員限定です

農産物輸出増へ投資対象を拡大 改正特措法成立

[有料会員限定]

農林水産物の輸出拡大に向けた農業支援ファンドの投資を円滑にする改正特別措置法が21日の参院本会議で可決、成立した。現行法で農業法人のみに限っている投資対象を食品事業者や流通業などにも拡大する。外国法人への出資規制も緩和し、輸出を目指す民間事業者を後押しする。

輸出やIT(情報技術)を活用した「スマート農業」の導入に向けた資金需要の高まりに対応する。漁業、林業、スマート農業に関する技術を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン