/

この記事は会員限定です

電力・ガス会社、緊急時にLNG融通 官民会議で確認へ

[有料会員限定]

経済産業省は今冬に電力やガスを安定供給できるよう液化天然ガス(LNG)の確保策を強化する。21日に官民で連絡会議を開き、電力・ガス会社間でLNGを緊急時に融通することを確認する見通しだ。融通は1月に寒波の影響で火力発電所の燃料として使うLNGが逼迫した際にも実施したが、エネルギー価格の高騰も考慮し、事前の調整で円滑な実施を促す。

電力・ガス需給とLNG調達に関する官民連絡会議の初会合を開く。東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン