/

この記事は会員限定です

肝臓がん「焼灼」効果確認 機能温存と治療バランス重要

日経実力病院調査

(更新) [有料会員限定]

国内では肝臓がんで年間約2万5千人が亡くなっている。治療しても再発リスクが高い。日本経済新聞が実施した実力病院調査で治療成績が高い病院では、外科切除と同じ効果が確認されたがん細胞を焼灼(しょうしゃく)する治療法を導入し、再発にも対応していた。遠隔転移がなければ複数の治療法があり、肝機能を維持する治療のバランスも重要となる。

肝臓の細胞が悪性化した肝臓がん(肝細胞がん)の多くは、肝炎ウイルス(B型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン