/

維新・国民が相互推薦合意 参院選、静岡と京都で協力

日本維新の会の馬場伸幸共同代表と国民民主党の前原誠司代表代行は20日、国会内で会談した。夏の参院選の静岡、京都両選挙区でそれぞれが支援する候補を互いに推薦すると合意した。両党が相互推薦の合意文書を結ぶのは初めて。

静岡選挙区は維新が参院会派「国民民主党・新緑風会」に所属する無所属現職を推薦する。京都選挙区では国民が維新公認の新人を推す。

馬場氏は会談後の記者会見で「野党第1党になるため参院選でいくら勝てるかが重要だ」と強調した。前原氏は「政権交代できる基盤を協力できる範囲でやっていく第一歩にしたい」と語った。

会談は維新の藤田文武、国民の榛葉賀津也両幹事長が同席した。合意文書は国会議員の定数や歳費の削減などの「身を切る改革」の実行も盛った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン