/

この記事は会員限定です

「偽薬不要」の治験進まず 治療データの活用に壁

[有料会員限定]

新しい医薬品の効果と比較するために臨床試験で用いられる偽薬(プラセボ)。新薬に期待する患者のおよそ半分は偽薬を投与され、正確なデータを得るためどちらが投与されたか知らされない患者や家族の心理的影響は大きい。偽薬を使わない新薬開発を目指して治療情報のデータベースを活用する動きが広がるが、製薬企業の活用には個人情報保護の壁が立ちはだかっている。

「自分は新しい治療法に当たったのだろうか……」。進行し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン