/

抗原検査キット、幼稚園・小中学校に配布 首相が方針

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
閣議に臨む菅首相(20日午前、首相官邸)

菅義偉首相は20日、首相官邸で萩生田光一文部科学相、田村憲久厚生労働相らと会談し、学校現場の新型コロナウイルス対策を巡り協議した。児童や生徒の感染拡大を防ぐため、感染の有無を調べる「抗原検査キット」を幼稚園と小中学校に配布する方針を決めた。

教職員から子どもへの感染を防ぐため、教職員がワクチン接種を優先的に受けられるように地方自治体に協力を求める方針も示した。

首相は協議で「冷静に対応できる体制をしっかりつくってほしい」と指示した。萩生田氏は会談後、官邸で記者団に「新型コロナが非常に厳しい状況にあるなかで新学期が始まる自治体がある。警戒レベルを上げる」と述べた。

検査キットに関し「幼稚園、小中学校にも配り、具合が悪くなった児童生徒がいた場合は直ちに検査する」と説明した。

検査キットは部活動などでのクラスター(感染者集団)の発生を踏まえ大学や高校に配ってきた。感染力の強いインド型(デルタ型)が広がり若年層にも感染が急拡大している。児童生徒で発熱症状が出た場合に学校で調べられるようにする。

教室内の換気など基本的な感染対策を徹底するよう改めて全国に通知した。

政治・外交 最新情報はこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン