/

この記事は会員限定です

円安とプーチン氏 1998年参議院選挙の追憶

政治部長 吉野直也

[有料会員限定]

「しまった」。東京・南青山の自民党の加藤紘一幹事長邸に行くと、すでに加藤氏は出た後だった。

1998年7月12日の参院選投開票日。午前中の報道各社の出口調査で自民党が苦戦している情報を知り、午後の早い時間に南青山に向かった。当時、自民党幹事長番の記者だった。

橋本龍太郎首相(自民党総裁)退陣の歯車が回り始めていたとはつゆ知らず、都内のホテルに幹事長車を探し回った。まだ政治家が携帯電話を持つのが日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン