/

この記事は会員限定です

日本、NPT軸に核軍縮議論 禁止条約・CTBTより優先

8月に日本の首相として初出席

[有料会員限定]

岸田文雄首相は自身が唱える「核なき世界」の実現に向け、核拡散防止条約(NPT)の議論の場を主軸に据える。8月に米ニューヨークで開くNPT再検討会議に日本の首相で初めて出席する。包括的核実験禁止条約(CTBT)や核兵器禁止条約の国際協議より実効性があると判断した。

NPTは東西冷戦期の1970年に発効した。当時すでに核兵器を保有していた米国、ロシア、英国、フランス、中国の5カ国以外の核兵器の保有を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン