/

この記事は会員限定です

読めない与党原発議論、経産省に焦り 技術の危機訴える

新井惇太郎

[有料会員限定]

新たな原子力発電所の建設を巡り、経済産業省が与党の議論の行方に気をもんでいる。与党内では慎重論も根強く、岸田文雄首相が検討を指示した建設が進むかどうかは見えないままだ。ここで決断しなければ、原発を建設する技術を維持できなくなる危機だと与党に訴えている。

首相は8月に官邸で開いたGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で「次世代革新炉の開発・建設」の検討を関係省庁に指示した。年末にかけて議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン