/

この記事は会員限定です

参院選7月10日想定 6月に経済政策まとめ、公約に反映

[有料会員限定]

政府・与党は2022年度予算の成立を受け、参院選に向けた準備に入る。6月22日公示―7月10日投開票を想定して政策づくりを始める。国会審議が不要な予備費で拠出する対策をまず示し、参院選公約にする政策は6月にまとめる予定だ。

岸田文雄首相(自民党総裁)にとって当面の最優先課題は参院選の勝利になる。経済対策なども参院選を念頭に順次、打ち出す方針だ。

首相は22日「新型コロナで傷ついた日本経済を再生し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン