/

防衛装備品とは 海外との共同開発が主流に

きょうのことば

防衛装備品 自衛隊が使う戦闘機や艦船、関連する通信・情報システムなどを指す。三菱重工業川崎重工業などの企業が防衛省・自衛隊から受注して開発・生産を担う。下請けを含めると戦闘機は1000社、護衛艦は7000社以上が関与するとされる。関連市場は2兆円ほどになる。

日本は「武器輸出三原則」に基づき装備品や関連技術の海外移転を原則禁じていた。2014年に「防衛装備移転三原則」を閣議決定し、日本の安全保障につながるといった条件を満たせば輸出や国際共同開発を認める方針に転じた。

安全保障環境の変化に伴い防衛装備品の技術も高度になったため、海外との共同開発が主流になっている。イージス艦に搭載する次世代迎撃ミサイルは日米で開発を進めている。35年の配備をめざす次期戦闘機は日本主導で開発し、米国と英国の企業から技術協力を得る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン