/

この記事は会員限定です

石油の国家備蓄初放出へ にじむ協調演出、効果は未知数

(更新) [有料会員限定]

政府は石油の国家備蓄放出に向け具体策の検討に入った。民間に義務づける備蓄の放出は過去に例があるが、国家備蓄を出すのは初めてだ。世界的な原油高を背景に米政府からの呼びかけに応える形で、慎重姿勢から転換した。備蓄の余剰分を放出する案を軸に検討する。放出量は限られる見込みで、政策効果は未知数との指摘が多い。

岸田文雄首相は20日、備蓄放出を検討していると表明した。視察先の松山市内で記者団に「日米(両国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン