/

LGBT法案、了承見送り 自民「性自認」などで異論

自民党性的指向・性自認に関する特命委員会の稲田朋美委員長(20日、党本部)

自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会(稲田朋美委員長)などは20日、党本部で会合を開いた。LGBT(性的少数者)への理解を深めることなどを目的とする議員立法案を審査した。「差別は許されない」といった文言を巡って異論が相次ぎ、了承を見送った。

月内に再び会合を開く方針で、今国会の成立をめざす。

同法案を巡っては、理解増進を目的とする自民党案をもとに与野党の実務者が協議してきた。野党側の要求で「目的」と「基本理念」の部分に「性的指向や性自認を理由とする差別は許されない」と加えることで合意した。

自民の20日の会合はこの表現に慎重な意見が出た。自らを女性と主張する男性がスポーツ大会で女性として参加して混乱を招く事態や、差別に関する裁判の増加を懸念する声があった。

同特命委の橋本岳事務局長は会合後、記者団に「理解増進についてそもそも反対した人はいなかった」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン