/

高齢者ワクチン接種、越年を否定 河野氏

think!多様な観点からニュースを考える

河野太郎規制改革相は20日、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種は年内に終わるとの見通しを示した。河野氏は「年内かかるというような自治体は今のところ報告は受けていない」と語った。閣議後の記者会見で語った。

高齢者向け接種は12日から始まった。対象はおよそ3600万人にのぼる。接種の予約が取れないなど現場が混乱しており、全ての対象者が接種を終えるまで時間がかかる懸念が広がっている。

河野氏は「予約で住民に迷惑をかけたのは私の指示不足に帰結する。大変申し訳なく思っていて、おわび申し上げたい」と陳謝した。

自民党の下村博文政調会長は19日「自治体によっては医療関係者の協力が足らず、65歳以上に限定しても場合によっては来年までかかるのではないか」と、高齢者接種の完了が年を越える可能性について指摘していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン