/

4月の輸出38%増、米国向け自動車で大幅な伸び

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

財務省が20日発表した4月の貿易統計速報によると、輸出額は7兆1811億円と前年同月から38.0%増えた。米国向けの自動車や中国向けの半導体などの製造装置が大幅に伸びた。伸び率は2010年以来の水準だった。新型コロナウイルスの感染拡大で20年4月に輸出が落ち込んでいた反動が大きいが、金額で見ても4月として過去最大だった。

輸出総額はほぼ全ての地域向けで伸び、2カ月連続の増加となった。20年4月は新型コロナが世界的に広がり5兆2000億円程度まで減少していた。感染拡大の影響を受ける前の19年4月と比べても7.8%伸びた。

中でも米国向けは45.1%増の1兆2761億円。自動車が2倍以上に増え、自動車部品の伸びも目立った。3月に1.9兆ドルの経済対策が決まり現金給付など家計支援が始まった効果が表れたとみられる。2年前と比べると1割減の水準だった。

中国向けは1兆5834億円と前年同月比で33.9%増加した。2年前と比べても3割弱の伸び率だった。新型コロナのまん延を抑えつつ中国経済が回復していることを背景に、半導体製造装置や自動車の輸出が大幅に伸びた。

アジア向けは前年同月比32.7%増の4兆1562億円となった。欧州連合(EU)向けは前年同月比39.6%増の6761億円だった。

輸入は6兆9257億円で12.8%増えた。原油は前年同月比で38.9%伸びたものの、2年前と比べると2割減った。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2553億円の黒字だった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン