/

この記事は会員限定です

原発運転期間に延長論、停止期間除き「実働」で換算案

[有料会員限定]

原子力発電所の「延命」の議論が活発になってきた。国内では東京電力福島第1原子力発電所の事故から原子力規制委員会の審査が続き、止まったまま40年の法定耐用期限が迫る設備が多いからだ。残り寿命が短くなると電力会社は再稼働の投資をためらう。与党内などからは停止中の期間を全体の運転期間から除き、「実働ベース」でみるべきだとの声が出ており、政府内で検討を急ぐ。

自民党の総合エネルギー戦略調査会は20日、次期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン