/

4月の物価上昇率、7年ぶり2%超 エネルギー価格高騰で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

総務省が20日発表した4月の消費者物価指数(CPI、2020年=100)は変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.4となり、前年同月比2.1%上昇した。消費増税の影響があった15年3月(2.2%)以来、7年1カ月ぶりに2%を超えた。資源高で電気代やガソリン価格などエネルギー関連が大きく上昇した。原材料高で食料品も上がった。

2%は、日銀が目標としてかかげている。米欧も同様の水準をめざしている。物価がこのペースで安定して上がることで、企業収益の拡大や賃上げにつながり、経済が活性化する好循環が生まれると考えられている。

日本の場合、物価上昇圧力は弱く、外的要因に左右されやすい。上昇率が2%に達するのは、消費税を8%に上げた14年4月からの1年間を除くと、世界的な資源高だった08年9月以来、13年7カ月ぶりとなる。今回、生鮮食品も含む総合指数が2.5%上がった。消費増税の影響があった時期を除くと、1991年12月以来の高い上昇率になった。

これまで物価上昇を抑えてきた、携帯電話の料金値下げの影響が薄まったことも全体を押し上げた。携帯大手各社は2021年春に格安プランを導入し、22年3月は携帯通信料の下落が総合指数を1.42ポイント押し下げていた。この押し下げ効果は4月に0.38ポイントまで縮んだ。

品目別に見ると、エネルギー関連が19.1%上昇した。ガソリン補助金の影響で、3月(20.8%)から伸び率は縮小した。高水準であることに変わりなく、エネルギーだけで総合指数は1.38ポイント高まった。電気代は21.0%、ガソリンは15.7%上がった。

生鮮食品以外の食料は2.6%上がり、上げ幅は3月(2.0%)を上回った。原材料価格の高騰で、食パン(8.9%)やハンバーガー(6.7%)が上がった。調理カレー(16.5%)や食用油(36.5%)などの上昇も目立った。

生鮮食品は12.2%上がり、3月(11.6%)から伸びが加速した。たまねぎ(98.2%)やキャベツ(49%)などが大きく上昇した。さけも13%上がった。ノルウェー産で、ロシアを迂回して運ぶコストがかさんでいる。

生鮮食品とエネルギーも除いた総合指数は0.8%上がった。上昇したのは20年7月以来、1年9カ月ぶり。

インフレは、年内は続く公算が大きい。日本経済研究センターがまとめた民間エコノミスト36人の経済見通し「ESPフォーキャスト調査」によると、物価上昇率は4~6月期が前年同期比1.94%、7~9月期が1.90%、10~12月期が1.88%となっている。電気代や小麦の価格は、原燃料価格の高騰が反映されるまでに時間がかかる。携帯値下げの影響も、今後さらに薄まる。

他の主要先進国に比べると物価上昇はまだ鈍い。米国は4月に8.3%と2カ月連続で8%を超えた。ユーロ圏は7.4%、英国は9.0%に達している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン