/

この記事は会員限定です

茂木外相「ミャンマーに弾圧停止働きかける」 一問一答

ODA全面停止も辞さず

[有料会員限定]

茂木敏充外相は日本経済新聞とのインタビューで、ミャンマーへの政府開発援助(ODA)の停止も辞さない方針を示した。経済支援の打ち切りをちらつかせ、市民弾圧を続ける国軍に即時停止を迫る狙いだ。一問一答は以下の通り。

――ミャンマー情勢にどう対応しますか。

「事態の早期改善をミャンマー国民も国際社会も望んでいる。日本は欧米に比べ国軍含めミャンマーに様々なチャネルを持つ。主要7カ国(G7)外相も理解して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン