/

この記事は会員限定です

大腸がん、切除範囲の判断重要 治療組み合わせで効果大

日経実力病院調査

[有料会員限定]

大腸がんは部位別にみると新規患者数が最も多い。日本経済新聞が実施した実力病院調査では、がん診療連携拠点病院などの間で治療成績の格差が1.6倍あった。特に進行したがんでの格差が大きい。治療成績が上位の病院では、進行がんも可能な限り外科手術で切除し、抗がん剤や放射線治療を組み合わせて再発を防ぐ治療に積極的に取り組んでいた。

大腸は小腸に続く肛門までの長さ1.5メートル前後の臓器で、結腸と、肛門近くの直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2463文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン