/

この記事は会員限定です

台湾有事なら半導体に供給リスク 車・電子機器に影響

台湾有事、備えはあるか③

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

半導体の最大の生産地である台湾で有事が起きればサプライチェーン(供給網)が混乱し、電子機器や車の生産への影響は避けられない。米中の貿易摩擦と自動車向け需要の急増で、世界では半導体不足が続いており、台湾依存のリスクは高まっている。

「台湾の半導体受託生産会社が1年間生産を止めると、世界の電子産業は1年間で4900億ドル(約50兆円)の減収に見舞われる」。米国半導体工業会(SIA)が1日に発表した報告...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン