/

この記事は会員限定です

日本の削減目標「30年に50%前後が妥当」 COP議長

[有料会員限定]

2021年11月に英国のグラスゴーで開く第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の議長を務めるアロック・シャルマ氏が来日した。世界や日本の気候変動対策について聞いた。

国際的な温暖化対策の枠組み、パリ協定の達成に向け、COP26は世界を前進させる最後の機会になる。すでに地球の気温は産業革命前から1度上昇した。世界で海面上昇や干ばつ、洪水が起き、数百万人の人々の生活を脅かす。行動を起こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン