/

同友会、Eメールなど4000件流出か 不正アクセス被害

経済同友会は19日、事務局のパソコンが不正アクセスを受け、文書やEメールなど約4000件が流出した可能性が高いと発表した。8月にクラウド上のサーバーに警告が出て、調査会社などと調べたところ、外部から不正にアクセスされて一部情報を閲覧された可能性が高いと判明した。銀行口座番号や会員の生年月日などが含まれていたかは現時点で確認できていないという。同友会は警察などに対応を相談している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン