/

この記事は会員限定です

日中韓、幻の為替声明 公表後に異例の差し替え

林咲希

[有料会員限定]

いったん公表した共同声明から一文を丸ごと削除する。異例の事態が日中韓財務相・中央銀行総裁会議で起きた。

12日の会議後に出た声明は「為替の過度な変動や無秩序な動きは経済や金融の安定に悪影響を与え得る」と明記していた。このくだりが翌13日、議長国の中国による突如の差し替えで消えた。

何があったのか。財務省幹部は「中国側の事務的なミスだ。そもそも合意していない文言であり、どの国が提案してどの国が反対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン