/

自民・高木氏 文通費のプール金寄付を釈明

自民党の高木毅国会対策委員長は19日、国会内で立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長と会談した。各党がプールした10月分の文書通信交通滞在費(文通費)を自民党がウクライナへ寄付したことを高木氏が釈明した。与野党は10月分の使い道を協議することになっていた。

馬淵氏は自民党が合意に反したと批判した。高木氏は会談後、記者団に「党内の連携がよくなくこういうことになった」と話した。馬淵氏は自民党の茂木敏充幹事長の説明と謝罪を求めた。高木氏は「持ち帰る」と返答した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン