/

5~11歳接種「基礎疾患ある子から」 小児科学会など

日本小児科学会と日本小児科医会は19日、5~11歳を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種で、基礎疾患をもつ子どもについては特に推進すべきとの見解を示した。重症化の予防が期待できる一方、感染防止の効果を示すデータは不十分と判断した。小児用ワクチンは厚生労働省の専門部会が20日に承認を了承する見通しだ。

提言では、子どもを新型コロナから守るためには周囲の成人の接種が重要と指摘したうえで、健康な5~11歳向けも「12歳以上の健康な子どもへのワクチン接種と同様に意義がある」と評価した。接種の利点やデメリットを本人や保護者らが十分に理解できる体制を求めた。

打ち手や介助者の確保などを今後の課題に挙げた。基礎疾患のある子どもなどは、かかりつけ医などによる個別接種が望ましいと強調した。

集団接種の場合も小児科医を配置するなど、問診や健康観察にきめ細かに対応できるように準備が必要だとしている。

厚労省は小児用ワクチンの輸入を2月から見込み、3月にも接種を始める方針だ。米ファイザー社が2021年11月に承認を申請している。小児の接種は米国やイスラエルなどで先行。米国では21年12月までに約870万回分の接種が実施されており、副作用の報告のほとんどが重篤でない事例という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン