/

この記事は会員限定です

高速道、渋滞緩和へ変動料金制 首都圏などで国交省検討

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国土交通省は高速道路の料金体系を見直す検討に入った。首都圏などの渋滞が発生しやすい区間で混雑時の料金を引き上げ、車の流入を減らす。今夏に曜日や時間帯で料金差をつける制度を試験的に始める。2021年度中の本格導入をめざす。将来は時間単位の料金設定を視野に入れる。需要に応じた料金変動で交通量を平準化する抜本的な改革となる。

社会資本整備審議会(国交相の諮問機関)の作業部会で夏にまとめる中間答申に方針を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン