/

この記事は会員限定です

衆参3選挙、首相の解散戦略に影響 広島でも自民敗北

野党、共闘で成果狙う

[有料会員限定]

菅政権発足後初の国政選挙である衆参両院の3選挙は立憲民主党や共産党など野党が共闘で成果を示し、自民党は1議席も得られなかった。保守地盤の参院広島選挙区も落とす結果で、菅義偉首相の衆院解散戦略に影響する。

衆院北海道2区の補欠選挙は収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相の議員辞職に伴う。吉川氏が所属していた自民党は候補をたてず「不戦敗」を選んだ。

残る2選挙は事実上の与野党一騎打ちで、全敗すれば早期解...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン